ミシェル・カミロ(p)ライブ@ブルーノート東京

ブルーノート東京でのミシェル・カミロさんのライブに行ってきた。去年までは顔も知らないおじさんだったが、去年彼のビッグバンドの曲「caribe」をやって大好きになり、彼のライブ映像はyoutubeでも何十回か見た、ほとんどcaribeだけど・・・

なので今日のライブでもCaribeを聞く気満々で入場した。

IMG_0838.JPG

MICHEL CAMILO “Three + Three”
ミシェル・カミロ “スリー・プラス・スリー”
2014 12.30 tue. – 2015 1.4 sun. ( 1.1thu. OFF )

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-camilo/

年越しカウントダウンもミシェル・カミロで、今回は年またぎの来日だったらしい。以前はインコグニートが多かったような気がするけど、ブルーノートの年越しカウントダウンにも一度行ってみたいものである。

以前もビッグバンドで来日しているが、今回は「スリープラススリー」という名前のいわゆる6人組のセクステット。演奏者は以下の6名(bluenoteのwebsiteより)

Michel Camilo(p) ミシェル・カミロ(ピアノ)
Ralph Bowen(sax) ラルフ・ボーウェン(サックス)
Michael Mossman(tp) マイケル・モスマン(トランペット)
Conrad Herwig(tb) コンラッド・ハーウィグ(トロンボーン)
Lincoln Goines(b) リンカーン・ゴーインズ(ベース)
Cliff Almond(ds) クリフ・アーモンド(ドラムス)

プレイヤーに疎いので、自分はミシェルさん以外は存じ上げない。

当日は1stステージだったので開演は17:00から。ちなみに開場は15:30からで、開場前に入り口前の待機スペースへは14:30から入れるらしい。(なお数年前は自由席の良い席を確保するため、早い者勝ちの整理チケット配布制度があったが、2015年時点でその制度は終了していた)

前回のゴードングッドウィンのライブでは、アルコールを飲んだせいで途中眠ってしまったので、今回はコーヒーを注文。無事に起きたまま全曲を聴くことができた。

そして開演。5名がスタンバイしてからミシェルさん登場。一礼をしてピアノに座って0.5秒で鍵盤を叩き始めるところはとても参考になる。

1曲目、曲名は知らないが聴いたことのある曲だった。ノリの良いラテン。ラッパがバックで「ンレ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ・・・」と繰り返す。

2曲目、5拍子のラテン。いい感じ。

3曲目、これまた5拍子か?と思いつつ多分8分の10拍子(3+3+2+2)。2曲続けて5拍子系が来るところがラテンなのだろうか。

4曲目、スローなバラード。ほぼピアノとフルートのデュオ。パイレーツオブカリビアンなら、夜の砂浜でジャック・スパロウが「俺もうちょっと真っ当に生きてみようかな」と満月を見上げているような曲。

5曲目、ラスト前に勢いをつけるかのような曲。途中はテンポ120くらいの4拍子だけど、テーマが変則的(4+4+4+3)でかっこいい。

6曲目、ラストにカリベが出るかなと期待したが、残念ながら期待したイントロでは始まらずガッカリ。でもピアノイントロからテーマに入るときによく聴いた曲だと気づく。On Fire、とても盛り上がって終了。この曲、5年ぐらい前から知っている気がするのだが、自分のiTunesライブラリにもなく、どこで知ったか思い当たるふしもないが、確実に知っていた不思議な記憶・・・とりあえずマスターしたい。

19:00から2ndステージもあるためアンコールはないかもしれないと思ったが、アンコールの手拍子のなか再度登場してくれてTake Fiveをソロを弾いてくれた。

ミシェルさんはドミニカ共和国出身、なので演奏はラテン系、テンポがわかりやすくて大好きである。テンポがわかりやすいのにもかかわらずアドリブソロになると振り回され分からなくなる。テンポを例えるならぐるぐる回転する遊具にしがみついているが、だんだん遠心力が増してきてしがみついていられずに吹き飛ばされる感覚。吹き飛ばされるともう一度回転に捕まって楽しむのが難しくなる。なんとか必死に喰らいつけると一番楽しい。

今日はビッグバンドではないので大きな派手さはないが、ミシェルさんのソロだけでなくフロントのサックス、トランペット、トロンボーンそれぞれのソロも良かった、なかでもトロンボーンのコンラッド・ハーウィグさんのソロは良かった。ハイスピードのテンポの中でブレずにハイノート近辺を吹きこなしつつ面白いことをいろいろやっていた。名のあるおじさんに違いない。

Caribeはなかったけど、とても満足いくライブだった。

中国で銀行(中国銀行、bank of china)の口座を開設してみる

旅行に来たついでに、銀行口座を開設してみました。

参考になったのは以下のブログてす。
http://beibaoke.info/yinhang/yinhang.php

開設したのは中国銀行(bank of china)の支店(中南分理処)です。

image

土曜日だったのですが中国では銀行が業務を行っており開設できました。平日15時までしか開いていない日本とは違って非常に便利です。

サービス員の人に「请问一下,我要开户」(ちょっとすいません、口座を開設したいのですが)と紙に書いて見せると、口座開設の申請表(个人账户开户及综合服务申请表)を用意してくれ、丁寧に記入方法を教えてくれました。

image

記入したのは、

姓名・・・名前
手机号码・・・携帯番号
证件类型・・・ 护照(パスポート)にチェック
证券号码・・・パスポート番号
长城电子借记卡・・・サービス員の人が書いてくれた。多分「電子手帳とカード」

だけでOK。あとはパスポートを渡せば手続きをしてくれます。

あとは手元の機械でパスワードを設定し、サインして終了。  銀聯カード(Union Pay, 银联Yin2Lian2、中国のデビットカード)も手に入りました。

とりあえず1000元を預けましたが、手数料が15元が引かれ、結局985元が口座に入りました。

隅田ストリートジャズフェスティバル

東京スカイツリーのふもとで、ジャズのイベント「隅田ストリートジャズフェスティバル」にEST Bigbandで参加してきました。

image

ほんとに目の前が東京スカイツリーのエントランスで、とてもたくさんの方が聴いてくれるのでモチベーションが上がります。

image

image

20130904-010335.jpg

20130904-010254.jpg

ただしものすごい風で譜面が飛ばされないよう事前対策が必須です。

2013.05.31 高齢化進む中国社会の憂うつな現実:ウォール・ストリート・ジャーナル

中国では貧しく、病気を患い、うつ状態にある高齢者が憂慮するほど増えている。60歳以上の国民を対象にした初の大規模な調査で明らかになった。これは中国政府にとっての差し迫った課題であるとともに、中国経済最大の長期的な弱点の1つとなっている。

この調査は、中国31省のうち28省の1万7708人の個人を対象に中国と海外の学者が中心となって行ったというもので、以下からレポートも入手可能です。

http://online.wsj.com/public/resources/documents/charls0530.pdf

調査によると、政府の農村部向け基礎年金の受給者が受け取る金額は平均でわずか年間720元(約1万1800円)とのこと。つまり月額60元(約1,000円)。中国での社会福祉制度は少しずつ整備されてきてはいるものの、未だ十分なものとは言えない状況です。

香港科技大学の教授で、調査を主導したメンバーの1人、アルバート・パーク氏は「高齢化が進んでいる他の国は豊かだ」と述べ、「中国は発展の比較的早い段階で高齢化社会になるだろう」と指摘した。

いわゆる「未富先老」というもので、経済的に豊かになる前に高齢化が進むと言われており、高齢者福祉制度の整備がまったなしで求められています。

 

ホスティングサービス変更

今までのWebホスティングサービス(CHAT-JP)閉鎖につき、Lolipopに変更しました。
独自ドメインの設定もしなおして(godaddy上で)、
MySQLのエクスポート、インポート
全ファイルの移動
wp-config.php上でのDB接続情報の変更
で、うまく移動できた、ようです。

2011.10.14 成田~コペンハーゲン

移動(成田エクスプレスで成田空港へ)


image
人生初の成田エクスプレスはとても快適でした。
image
荷物もロックして置いておけるし・・・
image
テーブルでパソコンを使ったりもできます。使わないけど。
image
出国手続きをすませ、
image
ついに人生2度目(20年ぶり)の出国
image
成田空港マップ
image
このSAS(スカンジナビア航空)に乗ります
image
ついに搭乗、日本を離れコペンハーゲンへ
SAS 北欧の上空

ウッフィツィ美術館(フィレンツェ、イタリア)の電話予約方法

先ほど、ウッフィツィ美術館(Uffizi museum)の電話予約をしたのでメモします。

以下のサイトがとても参考になりました。

Tea time diary:フィレンツェ 「ウフィッツィ美術館」の電話予約をする

とりあえず結果をいうと、日時と人数、名前(First name)のみ伝え、6桁の予約番号を控えるのみ。
先日「最後の晩餐」をミラノのサンタマリアデッレグラツィエ教会に電話予約したときと比べてすごく簡単過ぎてちょっと心配です (ここではフルネームのスペル、クレジット番号、メールアドレスも全て伝え、メールで予約番号も通知)。

以下、私が片言の英語で予約した手順です。

  • 予約センターへ電話:010+39-055-294883
  • まずイタリア語か英語かを番号プッシュで通知。英語は2番。
  • 次に4番をプッシュ(上記サイトより情報を得ました。予約は4番でよいということでしたが、それで私もできましたので問題ありません。)
  • 係の人に繋がるまで10分待ちました。
    • 私の場合、光電話なのでイタリアまで1分20円とのこと。電話代で200円です。
  • 待ちくたびれたころ、係の人が出てきました。以下会話のやり取り。
    • 私:Hello. I’m calling from japan. I want to make a reservation on Octover 21(どうも、日本から電話しています。10月21日に予約したいんですが)
    • 係:どこの予約なの?●●それともウッフィツィ?
    • 私:あー、そか(いくつかの美術館を予約できるんだ)、ウッフィツィです。
    • 係:いつしたいの?
    • 私:朝早いのがいいんです(Early morning)
    • 係:だから、何時がいいのよ!
    • 私:朝イチ(first)は8:15とあったので、それで可能ですか?
    • 係:オッケー。何人?
    • 私:1人です。
    • 係:名前言って。
    • 私:テッペイです、ティー・・・(綴りを言おうとしたけど遮られ・・・)
    • 係: オッケー、テッペイね。予約番号は123456よ。
    • 私:あ、はい、123456ですね。
    • 係:ペラペラ、ペラペラペラ(よくわからない)
    • 私:アー・・・
    • 係:ペラペラ、ペラペラ、フィニッシュ
    • 私:オー、フィニッシュ、オッケー(これだけでいいんだ。。。)、サンキュー!
    • 係:bye bye
    • 私:ばいばい。

という感じで、あっさり予約がとれました。

ほんとに取れてるのか少し不安(簡単に確認する手段がない)のですが、あとは上記サイトさん情報によれば10分前に当日訪れて、予約番号だけ伝えればなんとかなるんだろうと信じて行ってきます♪

Live2011.09.17 Double Edge Jam@東白楽あっとぺっぷ

トロンボーン4人で活動中のジャズユニット「Double Edge Jam」の2回目のライブです。

====
ジャズTrbカルテット “Double Edge Jam” ライブ
~ Groovin’ Jam  vol.2 ~ @横浜・東白楽 あっとぺっぷ

トロンボーン4人による、ジャズアンサンブル “Double Edge Jam”が、
グルーヴの効いたジャズやブラジル音楽を演奏をします。
リズムセクションなしの4人だけで、
メロディ、リズム、ハーモニー、アドリブ、音楽のすべてをトロンボーンで表現。
吹きっぱなしの3ステージで、限界に挑戦します。
クラシック系とは一味違うトロンボーンカルテットを、ぜひ目撃してください。

場所 : 横浜・東白楽 あっとぺっぷ
http://www.h2.dion.ne.jp/~atpep/
東急東横線「東白楽駅」徒歩4分 / JR「東神奈川駅」徒歩15分
TEL(045)491-5493

時間 : 2011/9/17(sat) 19:00~
1st.:19:00~
2nd.:20:00~
3rd.:21:00~

Double Edge Jam
岩見 純宏(tb)
宇都宮 哲平(tb)
和田 孝司(tb)
池内 丈人(btb)

ジャズ、クラシック、ラテンのライヴシーンで主に活躍する4人により結成。
リズムセクションが無くとも、グルーヴ感を表現する、
アカペラJazzトロンボーンアンサンブルである。
2007年より、横浜JAZZ PROMNADEなどのイベントやレストラン演奏を中心に活動。

Jazz Trombone Quartet VOLTZ や 村田陽一 4 bonelines に影響を受け、
上記ユニットのナンバーの他、スタンダートジャズナンバーも
オリジナルアレンジで演奏する。
====

Live情報:2011.08.21 Bon appetit BIG BAND JAZZ ORCHESTRA@中延ボナペティ

中延のライブハウス「ボナペティでのビッグバンドライブに今回も参加させていただきます。

http://bonappetit-live.com/schedule/index.html

トランペットセクションはすごいソリストの方達ばかりなので毎回とても盛り上がります。自分もソロを吹くのより聴くのが楽しみだったりします(^^;)

———————————————–
Bon appetit BIG BAND JAZZ ORCHESTRA
開場18:00、開演18:30?19:00?
メンバー:未定
演奏曲目:
A列車でいこう / インザムード / ムーンライトセレナーデ
シングシングシング / ワンオークロックジャンプ / 星に願いを
茶色の小瓶 / ビギンザビギン など (順不同)
チャージ:¥2800 [ 2DRINKS & 1FOOD ]
———————————————–

ライブハウス情報
Live & Dinning Bar ボナペティ
アクセス:東急大井町線中延駅、東急池上線荏原中延駅、都営浅草線中延駅から徒歩3分(アーケード商店街の真ん中あたり)
住所:〒142-0053 東京都品川区中延3-8-7 サンハイツ中延B1
電話番号:03-3787-3634 (営業時間内のみ)
営業時間:PM7:00~PM11:00(ラストオーダーPM10:00)
休業日:月曜日

長野県りんご、さくらんぼ農家訪問研修(2011.06.18-19 農商工連携人材育成研修)

今回は、農商工連携人材育成研修の実地研修で長野県に行ってきました。 2日間の研修で2つの農園を訪問しました。

  • 1日目:長野県北安曇郡松川村のりんご農園
  • 2日目:長野県下伊那郡松川町のさくらんぼ農園(まるいち大場農園)

1日目:長野県北安曇郡松川村のりんご農園

バスに乗って中央自動車道で諏訪湖方面へ向かいます。途中、双葉SAにて休憩しました。 image かの軍師、山本勘助になることもできます。 image お昼ご飯は安曇野スイス村でいただきました。 image おみやげコーナーには、現在NHK朝の連ドラ「おひさま」のヒロイン井上真央が。今回の訪問地安曇野が舞台となっているそうで、いろいろなお土産に「おひさま」を見かけました。このドラマ、戦前、戦中、戦後を明るく生きた女性の物語ということですが、かなり面白いとの評判がつい先日会社でも聞かれたところだったので、ちょっと見てみようかなと思ってしまいます。 image 南アルプスの天然水と共に南アルプスのスイス村を、と思ったけどレジのおばちゃんに確認すると「残念、ここは北アルプスよ」とのこと、ちょっと間違い。 image 松川村に到着しました。りんご農園の中を歩いて、社長にお話を伺います。 image 現在はまだ実が数cmの大きさで、摘果(てっか)作業が行われる時期ということでした。 image 農園にはいろいろな大きさの木があります。下の写真は昔からある普通樹で、大きいものです。 image こちらはまだ育成中の樹(ふじ)、まともな果実が収穫できるようになるのは4,5年目からとのこと。 image りんごの場合、樹が大きくならないような接ぎ木による矮化(わいか)という手法を用いる場合もあるそうです。こちらでは、まるばという種類を下、ふじを上にして接ぎ木を行っています。ふじの実がなるけれども、根はまるばなのであまり樹は大きくならないのだそうです。不思議なのは、ふじの実から取れる種から育てた樹からはまるばの実がなるとのこと。 image 受粉のため、花がたくさん付くよう専用の樹を植え、ミツバチの力を借りて受粉を行うそうです。image

下の写真では、りんごの木の枝を紐で引っぱり下を向かせる(上方向へ伸ばせさせない)ことでりんごに一定のストレスを与えています。これが1つのテクニック。

image

この日はパートの近所のお母さんたちが摘果(栄養を集中させるため、不要な実を摘み取る作業)作業を行っていました。

こちらのH農園さんでは、おいしいりんごを作るためにいろいろな工夫をされており、それが農園固有の味、品質を生み出しているんだと感じました。松川村としても独自の地域ブランドを確立するためにインフラの整備を長い間継続的に行ってこられたそうです。

また枝の剪定作業についてはご主人のみが行う特別な作業ということで、農園のりんごの品質を決定づける大きな要因になるのだそうです。気になったのはこの選定作業自体が1つの暗黙知になっているということ。もしご主人が病気で入院される、などの事態が発生した場合には近所の農園仲間が手伝ってくれるとのことですが、手伝ってくれる農園ごとの剪定ポリシーが反映されることになるのではないでしょうか(というのは考え過ぎで、それほど影響はないのかもしれませんが)。

とにかく、見学の最後にいただいた絞りたてのりんごジュースには感動しました。甘さとすっきり感の程よいバランスが研修の疲れを和らげてくれました。

image

2日目:長野県下伊那郡松川町のさくらんぼ農園(まるいち大場農園)

北安曇郡松川村のH農園を離れ、次は下伊那郡松川町のりんごとさくらんぼの農園「まるいち大場農園」へお邪魔しました。

まるいち大場農園
http://www7b.biglobe.ne.jp/~maru1ooba/index.html
長野県下伊那郡松川町大島2487

image

この日は、今シーズン(狩り)のスタート直前ということで、お忙しい中農園の二代目のご夫婦と三台目若夫婦が地域の農園の成り立ち、状況等講義してくださり、その後りんご農園とさくらんぼ狩りを体験させていただきました。

image

こちらはだるまさんの彫刻。「だるまりんご」という贈答用りんごの生みの親です。

image

りんご農園の様子

image

image

さくらんぼ農園のハウス。さくらんぼ狩りのシーズンは6月末から7月上旬。結構短いんだな、という印象です。

image

image

中に入ると樹がずらり。そしてさくらんぼの実がびっしりなっています。樹によって実の付き方も微妙に異なり、種類も佐藤錦、紅秀峰などいくつかの種があるとのこと。おいしいなあと思ったのは佐藤錦でした。

さくらんぼ狩りの料金は30分食べ放題で2,300円。食べる人は250個ほど食べたりするらしいですが、自分は50個ぐらいで満足でした。

パックに入ってスーパーで売っているものとは違うおいしさがありました。体験学習、というと固い感じですがやはり実際にどう実がなっているのかを知って、そのままいただくという体験はプライスレスですね。

image

image

image

学生の研修、修学旅行などで来園したときは、いろいろ講義もされるとのこと。下の写真はりんごの摘果を行う際にレクチャーする手作り感満載の教材です。真ん中の実を残して周りの実を摘み取る、というのが非常に良く理解できる教材だと思います。

image

帰り道はちょうど高速道路無料の期間最終日での交通渋滞に巻き込まれてしまいました。一般道で神奈川を目指す途中で立ち寄ったガソリンスタンドのそばに「名勝猿橋」という看板が。

image

全く知りませんでしたが、日本三奇橋の1つであるとのこと。トイレ休憩の合間に駆け足でプチ観光です。

image

橋の下に屋根がたくさん付いていて、確かに奇妙な見た目です。

image

image