ミシェル・カミロ(p)ライブ@ブルーノート東京

ブルーノート東京でのミシェル・カミロさんのライブに行ってきた。去年までは顔も知らないおじさんだったが、去年彼のビッグバンドの曲「caribe」をやって大好きになり、彼のライブ映像はyoutubeでも何十回か見た、ほとんどcaribeだけど・・・

なので今日のライブでもCaribeを聞く気満々で入場した。

IMG_0838.JPG

MICHEL CAMILO “Three + Three”
ミシェル・カミロ “スリー・プラス・スリー”
2014 12.30 tue. – 2015 1.4 sun. ( 1.1thu. OFF )

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-camilo/

年越しカウントダウンもミシェル・カミロで、今回は年またぎの来日だったらしい。以前はインコグニートが多かったような気がするけど、ブルーノートの年越しカウントダウンにも一度行ってみたいものである。

以前もビッグバンドで来日しているが、今回は「スリープラススリー」という名前のいわゆる6人組のセクステット。演奏者は以下の6名(bluenoteのwebsiteより)

Michel Camilo(p) ミシェル・カミロ(ピアノ)
Ralph Bowen(sax) ラルフ・ボーウェン(サックス)
Michael Mossman(tp) マイケル・モスマン(トランペット)
Conrad Herwig(tb) コンラッド・ハーウィグ(トロンボーン)
Lincoln Goines(b) リンカーン・ゴーインズ(ベース)
Cliff Almond(ds) クリフ・アーモンド(ドラムス)

プレイヤーに疎いので、自分はミシェルさん以外は存じ上げない。

当日は1stステージだったので開演は17:00から。ちなみに開場は15:30からで、開場前に入り口前の待機スペースへは14:30から入れるらしい。(なお数年前は自由席の良い席を確保するため、早い者勝ちの整理チケット配布制度があったが、2015年時点でその制度は終了していた)

前回のゴードングッドウィンのライブでは、アルコールを飲んだせいで途中眠ってしまったので、今回はコーヒーを注文。無事に起きたまま全曲を聴くことができた。

そして開演。5名がスタンバイしてからミシェルさん登場。一礼をしてピアノに座って0.5秒で鍵盤を叩き始めるところはとても参考になる。

1曲目、曲名は知らないが聴いたことのある曲だった。ノリの良いラテン。ラッパがバックで「ンレ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ、レ・・・」と繰り返す。

2曲目、5拍子のラテン。いい感じ。

3曲目、これまた5拍子か?と思いつつ多分8分の10拍子(3+3+2+2)。2曲続けて5拍子系が来るところがラテンなのだろうか。

4曲目、スローなバラード。ほぼピアノとフルートのデュオ。パイレーツオブカリビアンなら、夜の砂浜でジャック・スパロウが「俺もうちょっと真っ当に生きてみようかな」と満月を見上げているような曲。

5曲目、ラスト前に勢いをつけるかのような曲。途中はテンポ120くらいの4拍子だけど、テーマが変則的(4+4+4+3)でかっこいい。

6曲目、ラストにカリベが出るかなと期待したが、残念ながら期待したイントロでは始まらずガッカリ。でもピアノイントロからテーマに入るときによく聴いた曲だと気づく。On Fire、とても盛り上がって終了。この曲、5年ぐらい前から知っている気がするのだが、自分のiTunesライブラリにもなく、どこで知ったか思い当たるふしもないが、確実に知っていた不思議な記憶・・・とりあえずマスターしたい。

19:00から2ndステージもあるためアンコールはないかもしれないと思ったが、アンコールの手拍子のなか再度登場してくれてTake Fiveをソロを弾いてくれた。

ミシェルさんはドミニカ共和国出身、なので演奏はラテン系、テンポがわかりやすくて大好きである。テンポがわかりやすいのにもかかわらずアドリブソロになると振り回され分からなくなる。テンポを例えるならぐるぐる回転する遊具にしがみついているが、だんだん遠心力が増してきてしがみついていられずに吹き飛ばされる感覚。吹き飛ばされるともう一度回転に捕まって楽しむのが難しくなる。なんとか必死に喰らいつけると一番楽しい。

今日はビッグバンドではないので大きな派手さはないが、ミシェルさんのソロだけでなくフロントのサックス、トランペット、トロンボーンそれぞれのソロも良かった、なかでもトロンボーンのコンラッド・ハーウィグさんのソロは良かった。ハイスピードのテンポの中でブレずにハイノート近辺を吹きこなしつつ面白いことをいろいろやっていた。名のあるおじさんに違いない。

Caribeはなかったけど、とても満足いくライブだった。

PMI日本フォーラム2011

今日はPMI日本フォーラム2011というイベントに参加してきました。

2日間に渡るイベントの1日目で、午前から全6セッションの講演を聞いてきました。
聴講した講演は以下の通り。

このようなイベントに参加したとき、いつも1つぐらいは印象的な講演に出会います。今回は運良く2つ、そういった講演を聴くことができました(もちろんその他の講演も面白かったです)。

1つは、M-2の小惑星探査機はやぶさについてのお話。世界で初めて小惑星(イトカワ)からサンプルを採取して地球に帰還したはやぶさで、イオンエンジンを使ったオペレーション(地球〜イトカワ)を担当したJAXA國中さんによる講演でした。
ロケット発射、イトカワへの接近・着陸・脱出、帰還、大気圏突入、サンプルカプセル採集までの一連のプロセスを具体的にイメージできる形でプレゼンされ、動画ありユーモアありでまったく飽きのこないあっという間の1時間。
実際に発生した想定外の事態は、イトカワに着陸しサンプル採取後再度飛び立つまでの間に起こった燃料タンク破損が引き金となった通信不能状態。通信不能な状態でもわずかな可能性から電波を送り続け1.5ヶ月後に復帰させたということです。帰還中におこったイオンエンジン不調でも、あらかじめ想定しておいた柔軟なバイパス処理で壊れていない部分を補完し合うクロス運転による事態改善。多くの故障を抱えた状態からでも地球にサンプルを無事持ち帰るため、オーストラリアへ正確に落下させる調整。これだけのメガプロジェクトなので当たり前だろうけど最大限のリスク管理が出来ていたからこそ成功したんだと思います。

日本人として誇れる航空宇宙プロジェクトに関わった人の生の言葉が聴けました。

もう1つは、国際ファシリテーション協会理事本間直人さんの講座。非常に個性ある方で話も面白く、マシンガンのように話すのにわかり易く、新しい気づきを得られた講座でした。

ものを見る軸は人により多様で、だからこそ意思疏通は難しい。でもそれを否定するのではなく受け入れて新しい考えを引き出すのもファシリテーションの1つのスキルになるんだと感じました。

覚えておきたいのは、山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」には続きがあり、それこそファシリテーションではないか、というもの。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

いろいろ気づかされ勉強になった一日でした。

2011.5.14 農商工連携人材育成研修(ゆず加工、鶏卵・プリン工場見学)

昨年から農業関係のシステム開発に関わる機会をいただき、農業分野への興味が一段と増している今日この頃ですが、GW前に偶然「農商工連携人材育成研修」というものを見つけ、予定をなんとか調整し滑り込みで参加させていただくことが出来ることになりました。

環境分野とも何かと関係があり興味深い分野だけに、今回の研修は5月〜10月と長丁場ですがいろいろと勉強できそうで楽しみにしているんです。

この日(5/14)は1回目の実地研修で、神奈川県の津久井湖方面にゆずの加工場と養鶏場を訪問し、生産者の方からお話を伺いました。

(どこまで見学内容を公開してよいかが判断着かないため、公式HPなどから確認できる程度の内容を記載します)

有限会社ふじの

最初に訪問したのは有限会社ふじのというゆずの加工を主に行っている会社で、社長さんからいろいろお話をしていただきました。

現在は市町村合併により相模原市ですが、旧藤野町という地域はゆずが特産品であり、これを村おこしの軸にしようという動きのなかで設立された会社です。

imageゆずの加工工場前。今は製造の時期ではないため、中も見学させていただきました。

主力商品は、ゆず果汁入りぽん酢の「ゆずの尊(みこと)」。その他、ゆずシャーベットやゆずワイン、ゆず蜜、ゆずジャムなども作ってらっしゃいます。

imageいただいた「ゆずシャーベット」、ゆずの香りがしてすっきりしたおいしさでした。

悩んでおられるのは、生産者の高齢化によってなかなかゆずの木の手入れができず生産体制の確保に苦労されているとのこと。村おこしとして成功させるために、地元小学生の工場見学実施や苗木の植樹活動などを地道に行っていくことで生産量も今後増加することを見込んでいるとのこと。

ゆずの栽培を無農薬で行い、無添加、合成保存料などは使わない、といったところにこだわりを持って生産・製造されているのに好感が持てました。

(ちなみに宣伝ですが、自分の地元愛媛県にも「ゆずの里」というめっちゃうまいゆずジュースがあるんやけんね)

 

imageお昼は津久井湖公園にて。ボート合宿が行われていたようです。

有限会社カトウファーム

午後に訪れたのは「有限会社カトウファーム」さん。こだわりの卵とプリンが自慢の養鶏場を経営されている会社です。

imageカトウファーム入り口、右に見えるのは直売所です。

社長さん含め、家族経営をしておられ、皆さんが養鶏、たまご、プリンそれぞれのこだわりを教えてくださいました。

鶏の育成には空気・水・飼料の3つが大切だということで、水は地下100m以上のところから汲み上げた水を使い、天然酵母の飼料、遺伝子組み換え無し(non-GM)の飼料など、こだわりを持った経営を行っていらっしゃいます。

imageこちらが「天然酵母を主体とした有効微生物飼料」です。すごくおいしそうな匂いがしました。納豆やヨーグルト的な腸にやさしい飼料なんだそうです。

image鶏舎のあるエリア(鶏舎内へはもちろん見学禁止です)への見学には、鳥インフル対策として石灰を踏んでの立ち入りとなります。非常に厳重な管理を行っていらっしゃるのが感じられました。

image餌を混ぜる機械。non-GM(非遺伝子組み換え)のトウモロコシと大豆、そして天然酵母を主体とした
有効微生物飼料などを組み合わせて、非常に良質な餌を作ってらっしゃいます。

image左が餌の準備小屋、右が鶏舎。人手を介さず自動で給餌するシステムです。

image鶏舎(左側)では新鮮な空気を循環させるため扇風機が常時回っています。3.11の震災後の計画停電でも水と空気をしっかりと循環させるために自家発電での対応を行っていたとのこと。しっかり管理されています。

image鶏舎から出る鶏糞とすぐ近くで行っているという有機野菜栽培(右奥)。
鶏糞の掃除について、昔は人手でやっていたため隅に取り残しが出てしまっていたけれども、現在は機械化したことできれいに取り除けるようになったとのことです。
鶏糞は発酵させて堆肥とし、すぐ隣の畑で使用するという有効活用をされています。

imageたまごを見せてもらいました。左は2級品、右は1級品。見た目と触り心地(ザラザラ感)が違います、ただし中身に違いはないとのこと。

imageこちらが直売所です

imageなめらか、カスタード、ジャージー、いろいろあって悩みます

imageこだわりの酵母資料、水などについての説明もあります

image温泉たまごもあるそうです

image直売所内。たまご、プリン、採れたて野菜が売られています。クール宅急便での地方発送も可能とのこと。

 

image「なめらか」いただきました。素材の味を活かしたお菓子ってこういうのを指すんだろうなぁ〜

こだわりのプリンも商品化するにあたって様々な苦労(レシピ、衛生管理などなど)があって現在の形ができたことを社長の娘さん自らが話してくださいました。

「東京都地域特産品認定食品」(東京都の名産品)に

  • かとうさんのプリンジャージー
  • かとうさんのプリンなめらか
  • かとうさんのプリンカスタード

が認定されているとのこと。

家族経営でほのぼのとした雰囲気を感じつつ、よりおいしい、より安全なたまご、プリンを作ることに日々真剣に考えているのが伺えました。最後に若社長(息子さん?)が話されたのは「100%有機たまご」を作ってみたい、とのこと。これは現実問題として相当ハードルが高い(全ての飼料が有機栽培されたものである必要がある)とのことですが、どんなに高くなってもいいものは買う人がいる気がするのは個人的な意見。たまごは輸出できるのでしょうか、もし出来るなら中国は非常に魅力的なマーケットに映る今日この頃です。

今度は個人的に直売所にプリン食べに行きます(^^)

独自ドメインでのWordPress移行

先日、Wordpress.comにてブログを作ってみたらとても簡単で、これならもうteppei.wsをやめようかな、と思っていたのですが、やっぱり独自ドメイン側でやってみようと思い、今までのサイトはクリアしてWordpressをセットアップしました。
特に細かい設定は必要なく、ファイルを公式サイトからダウンロードし、MySQL設定情報とftp情報を少し登録するだけでWordpressが使えるようになりました。
今後はWordpressベースで過去のコンテンツも移行してまとめたいと思います(^^)