長野県りんご、さくらんぼ農家訪問研修(2011.06.18-19 農商工連携人材育成研修)

今回は、農商工連携人材育成研修の実地研修で長野県に行ってきました。 2日間の研修で2つの農園を訪問しました。

  • 1日目:長野県北安曇郡松川村のりんご農園
  • 2日目:長野県下伊那郡松川町のさくらんぼ農園(まるいち大場農園)

1日目:長野県北安曇郡松川村のりんご農園

バスに乗って中央自動車道で諏訪湖方面へ向かいます。途中、双葉SAにて休憩しました。 image かの軍師、山本勘助になることもできます。 image お昼ご飯は安曇野スイス村でいただきました。 image おみやげコーナーには、現在NHK朝の連ドラ「おひさま」のヒロイン井上真央が。今回の訪問地安曇野が舞台となっているそうで、いろいろなお土産に「おひさま」を見かけました。このドラマ、戦前、戦中、戦後を明るく生きた女性の物語ということですが、かなり面白いとの評判がつい先日会社でも聞かれたところだったので、ちょっと見てみようかなと思ってしまいます。 image 南アルプスの天然水と共に南アルプスのスイス村を、と思ったけどレジのおばちゃんに確認すると「残念、ここは北アルプスよ」とのこと、ちょっと間違い。 image 松川村に到着しました。りんご農園の中を歩いて、社長にお話を伺います。 image 現在はまだ実が数cmの大きさで、摘果(てっか)作業が行われる時期ということでした。 image 農園にはいろいろな大きさの木があります。下の写真は昔からある普通樹で、大きいものです。 image こちらはまだ育成中の樹(ふじ)、まともな果実が収穫できるようになるのは4,5年目からとのこと。 image りんごの場合、樹が大きくならないような接ぎ木による矮化(わいか)という手法を用いる場合もあるそうです。こちらでは、まるばという種類を下、ふじを上にして接ぎ木を行っています。ふじの実がなるけれども、根はまるばなのであまり樹は大きくならないのだそうです。不思議なのは、ふじの実から取れる種から育てた樹からはまるばの実がなるとのこと。 image 受粉のため、花がたくさん付くよう専用の樹を植え、ミツバチの力を借りて受粉を行うそうです。image

下の写真では、りんごの木の枝を紐で引っぱり下を向かせる(上方向へ伸ばせさせない)ことでりんごに一定のストレスを与えています。これが1つのテクニック。

image

この日はパートの近所のお母さんたちが摘果(栄養を集中させるため、不要な実を摘み取る作業)作業を行っていました。

こちらのH農園さんでは、おいしいりんごを作るためにいろいろな工夫をされており、それが農園固有の味、品質を生み出しているんだと感じました。松川村としても独自の地域ブランドを確立するためにインフラの整備を長い間継続的に行ってこられたそうです。

また枝の剪定作業についてはご主人のみが行う特別な作業ということで、農園のりんごの品質を決定づける大きな要因になるのだそうです。気になったのはこの選定作業自体が1つの暗黙知になっているということ。もしご主人が病気で入院される、などの事態が発生した場合には近所の農園仲間が手伝ってくれるとのことですが、手伝ってくれる農園ごとの剪定ポリシーが反映されることになるのではないでしょうか(というのは考え過ぎで、それほど影響はないのかもしれませんが)。

とにかく、見学の最後にいただいた絞りたてのりんごジュースには感動しました。甘さとすっきり感の程よいバランスが研修の疲れを和らげてくれました。

image

2日目:長野県下伊那郡松川町のさくらんぼ農園(まるいち大場農園)

北安曇郡松川村のH農園を離れ、次は下伊那郡松川町のりんごとさくらんぼの農園「まるいち大場農園」へお邪魔しました。

まるいち大場農園
http://www7b.biglobe.ne.jp/~maru1ooba/index.html
長野県下伊那郡松川町大島2487

image

この日は、今シーズン(狩り)のスタート直前ということで、お忙しい中農園の二代目のご夫婦と三台目若夫婦が地域の農園の成り立ち、状況等講義してくださり、その後りんご農園とさくらんぼ狩りを体験させていただきました。

image

こちらはだるまさんの彫刻。「だるまりんご」という贈答用りんごの生みの親です。

image

りんご農園の様子

image

image

さくらんぼ農園のハウス。さくらんぼ狩りのシーズンは6月末から7月上旬。結構短いんだな、という印象です。

image

image

中に入ると樹がずらり。そしてさくらんぼの実がびっしりなっています。樹によって実の付き方も微妙に異なり、種類も佐藤錦、紅秀峰などいくつかの種があるとのこと。おいしいなあと思ったのは佐藤錦でした。

さくらんぼ狩りの料金は30分食べ放題で2,300円。食べる人は250個ほど食べたりするらしいですが、自分は50個ぐらいで満足でした。

パックに入ってスーパーで売っているものとは違うおいしさがありました。体験学習、というと固い感じですがやはり実際にどう実がなっているのかを知って、そのままいただくという体験はプライスレスですね。

image

image

image

学生の研修、修学旅行などで来園したときは、いろいろ講義もされるとのこと。下の写真はりんごの摘果を行う際にレクチャーする手作り感満載の教材です。真ん中の実を残して周りの実を摘み取る、というのが非常に良く理解できる教材だと思います。

image

帰り道はちょうど高速道路無料の期間最終日での交通渋滞に巻き込まれてしまいました。一般道で神奈川を目指す途中で立ち寄ったガソリンスタンドのそばに「名勝猿橋」という看板が。

image

全く知りませんでしたが、日本三奇橋の1つであるとのこと。トイレ休憩の合間に駆け足でプチ観光です。

image

橋の下に屋根がたくさん付いていて、確かに奇妙な見た目です。

image

image